メンフクロウのFootball Manager日記 TOP  >  スポンサー広告 >  Videoton 2016-17シーズン >  2016-17_04. 16-17シーズン戦力紹介 攻撃陣編
ブログの紹介
このブログは、Football Manager 2015の監督日記ブログです。
メンフクロウ監督が人間界で活躍する姿をお楽しみください。


■ハンガリー Videoton編 目標:マジックマジャール復活!(CL制覇、W杯制覇、リーグランク1位)
はじめに | ハンガリーサッカー紹介 | ゲームセットアップ
2014-15シーズン | リーグ戦:優勝! カップ戦:準優勝 Lカップ戦:2nd-R敗退
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 | その12 |
  その13 | その14 | その15 |
2015-16シーズン | CL:3rd-R敗退 EL:プレイオフ敗退 リーグ戦:2位 カップ戦:準優勝 Lカップ戦:準決勝敗退
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 |
2016-17シーズン | EL:GL敗退 リーグ戦:優勝! カップ戦:優勝! Lカップ戦:優勝!
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 | その12 | その13 |
2017-18シーズン | CL:プレイオフ敗退 EL:KR2回戦敗退 リーグ戦:優勝! カップ戦:優勝! Lカップ戦:優勝!
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 |
2018-19シーズン |
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 |
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-17_04. 16-17シーズン戦力紹介 攻撃陣編


さて次は攻撃的な選手の紹介です。今シーズンはここの出入りが激しかったですね。


◆MF

Dániel Tőzsér  CA:★4 PA:★4


昨シーズン末でジェノアから放出されフリーになっていたところを獲得したベテランMFです。
現役ハンガリー代表だけあり31歳ながらも高い能力を誇り、中盤のスターとして君臨して
くれそうですね。能力の割に活躍する Pajač とどっちを使おうか悩みますが、調子次第ですかね。


Edwin Gyimah  CA:★3.5 PA:★3.5


BBMの Sandor が衰え気味のため、その補強として今季唯一移籍金を払って獲得した選手です。
前所属は南アフリカのチームであり、スカウトで発見しました。なお移籍金は\35Mです。


Gevorg Ghazaryan  CA:★4 PA:★4


親クラブの一つであるオリンピアコスから無償レンタル中のアルメリアの英雄(勝手に呼称)です。
もちろん引き抜かれた Rado の代わりとして、左ウイングで活躍してもらう予定ですが、
Statsを見てもらえれば分かるとおり既に大活躍中。このままウチに加入してくれないですかね?w


György Sándor  CA:★2.5 PA:★2.5


一応中盤のレギュラーとして起用してきましたが、イマイチ活躍しきれないのと
去年★3.5だったのが現在★2.5と衰えが隠せないため、今季は控えに回る予定です。
その代役は先の Gyimah、彼の代わりになれるでしょうか。


Máté Papp  CA:★1.5 PA:★2.5


去年まではレンタルで武者修行をしていましたが、今季はトップチームに昇格させました。
ただ役割は控えの控えなので、数少ないチャンスでアピールしてくれることを期待します。


László Kleinheisler  CA:★2 PA:★4


潜在能力は高いですが、その器用貧乏っぷりで未だに扱いに困る選手ですね。
他のクラブもそう思っているのか、レンタル含めオファーなど全くなし。成長もしないですし、
困ったもんですね。


Ádám Gyurcsó  CA:★2.5 PA:★2.5


能力の割に活躍する選手その1。昨季も30試合8得点7アシスト平均評価点7.10と大活躍で、
このまましばらく右ウイングを任せたいと思っています。戦術にピタリと合っているんですかね?


Marko Pajač  CA:★2.5 PA:★2.5


能力の割に活躍する選手その2にして、昨季のチームMVPです。
正直この能力のどこに大活躍できる要素があるのか不思議なのですが、
もしかしたら前目ならどこでもこなせるポジション適正が影響しているのでしょうか。
だとしたら選手獲得の目線をちょっと変えないといけないですね。


Kervens Belfort  CA:★2.5 PA:★3.5


昨季の前半は結構な活躍だったのですが、他クラブから注目されるようになってから
途端に調子を崩したという歴史を持つ、実はプレッシャーに相当弱い選手のようです。
どんだけ豆腐のメンタリティなんだよと。


Tasos Karamanos  CA:★3.5 PA:★3.5


オリンピアコスからの無償レンタル選手2人目です。前目ならどこでもこなせる
ユーテリティ性が魅力ですね。加入当初は得点量産しまくりで監督を大興奮させたのですが、
Statsのリーグ戦のところを見れば分かるとおりここ最近はサッパリ。調子の波が激しいのか、
最近のが本当の実力なのか、注意しながら起用しないといけないですね。


Róbert Feczesin  CA:★3.5 PA:★3.5


相変わらずの我がチームの不動のエース。今季は Karamanos にポジションを奪われるかと
思いましたが、やはりリーグ戦で決めてくれる選手の方が重宝しますね。Statsだけ見ると、
彼が国内専用でKaramanosが海外専用に見えなくもないですがw




以上が我がVideotonの今季の戦力です。なおメンフクロウ監督、移籍予算10億を与えられながら
3500万しか使っていない模様w どんだけケチなんですかねぇ。



 0192.jpg
       ドケチは褒め言葉やで!





今回はここまで。



PLEX(プレックス) 妖怪ウォッチ サッカーボール2 ジバニャン Ver. 5号球 YW-15APLEX(プレックス) 妖怪ウォッチ サッカーボール2 ジバニャン Ver. 5号球 YW-15A
()
PLEX(プレックス)

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。