メンフクロウのFootball Manager日記 TOP  >  スポンサー広告 >  Videoton 2018-19シーズン >  2018-19_03. 18-19シーズン戦力紹介 守備陣編
ブログの紹介
このブログは、Football Manager 2015の監督日記ブログです。
メンフクロウ監督が人間界で活躍する姿をお楽しみください。


■ハンガリー Videoton編 目標:マジックマジャール復活!(CL制覇、W杯制覇、リーグランク1位)
はじめに | ハンガリーサッカー紹介 | ゲームセットアップ
2014-15シーズン | リーグ戦:優勝! カップ戦:準優勝 Lカップ戦:2nd-R敗退
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 | その12 |
  その13 | その14 | その15 |
2015-16シーズン | CL:3rd-R敗退 EL:プレイオフ敗退 リーグ戦:2位 カップ戦:準優勝 Lカップ戦:準決勝敗退
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 |
2016-17シーズン | EL:GL敗退 リーグ戦:優勝! カップ戦:優勝! Lカップ戦:優勝!
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 | その12 | その13 |
2017-18シーズン | CL:プレイオフ敗退 EL:KR2回戦敗退 リーグ戦:優勝! カップ戦:優勝! Lカップ戦:優勝!
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 |
2018-19シーズン |
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 |
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018-19_03. 18-19シーズン戦力紹介 守備陣編


CLグループリーグへの進出という目標も達成し、若干一息つけたということで、2018-19シーズンの
戦力紹介といきたいと思います。


まずは守備陣から。


◆GK

Gustavo  CA:★4 PA:★4


昨季\30Mという格安で獲得したブラジル人GKです。飛び抜けた能力は無いですが、
GKとして必要な能力を平均以上に持っており、安定した守備を見せてくれます。
新しいVideotonの守護神として、息の長い活躍を期待します。


Balázs Lengyel  CA:★2 PA:★3~4


ユース出身の若手GK。Bチームで順調な成長を見せていたため、今季からサブGKとして
抜擢しました。一対一に強いなどGKとして必要な能力は高く備えており、将来の代表候補として
大切に育てたいと思いますね。貴重なクラブ内育成でもありますし。



◆DF

Roland Szolnoki  CA:★1.5 PA:★1.5


貴重なクラブ内育成選手として、数多のオファーを断り続けSBの控えという定位置を確保して
貰っています。能力の割に試合での評価点が高く、そのせいか何とこの8月に代表招集が
かかるまでになりました。いやー、代表監督はちゃんと見ているんですねー。


Adrián Szekeres  CA:★2 PA:★2


このクラブで一番レンタルオファーを受ける選手ですね。なぜそんなに人気なのかは分かりませんが、
そつが無い能力とプレーが評価されているのでしょう。我がチームでは現状控えですが、ここぞという
場面では頼りにさせていただいております。


Gábor Gyömbér  CA:★2 PA:★2


メン監督就任当時に獲得して早5年、これまでは控えの控えみたいな扱いでやや冷遇して
しまいましたが、今季はDMFのサブとして今まで以上の試合に出てもらおうかと思っています。
ユーテリティ性もありますしね。


Antón Mato  CA:★1.5 PA:★4~5


ユース出身の有望スペイン人SB。今季はStopiraがレンタル移籍中なので、サブの役割を
任せてみたいと思います。ちなみに5年くらい前にハンガリーに移住したらしく、あと3年弱で
ハンガリー国籍を獲得します。


Ákos Kecskés  CA:★2.5 PA:★2.5


優秀な若手CBですが、既に成長しきってしまった感が出ています。とはいえCBとしてはそつが無い
能力と、今シーズンから副キャプテンを任されるまでになったそのリーダーシップで、Videotonと
代表のCBとして活躍して欲しいですね。


Sunday Adams  CA:★4 PA:★4~5


昨季途中にナイジェリアのクラブからフリーで獲得したガチムチ系CBですね。
強靭さ19という破壊的フィジカルで、相手FWを弾き飛ばして欲しい感じです。
ちなみに移籍後半年でハンガリー語を使いこなしているらしく、頭も良いようです。


Filippo Romagna  CA:★2 PA:★4~5


高そうな潜在能力に期待し獲得した選手ですが、それなりに順調に成長しているようです。
育ちきれば屈指のCBになれるはずなので、出来る限り使っていきたいと思っております。
なお彼は移籍後1年経ちましたが、基本的なハンガリー語が話せないようで。覚える気が
無いとも言えますが。


Henry Olawale  CA:★2.5 PA:★4~5


彼もアフリカからの発掘組です。CB/DMF/CMFをこなせるユーテリティ性と高い能力が
魅力なのですが、試合ではミスが多くそれほど活躍しないんですよね。集中力や
冷静さが低いのが影響しているのでしょうか。スカウトレポートにもピッチ上の
インテリジェンスが足りない、と報告されていますし。


Ezekiel Obi  CA:★4 PA:★4


いやーアフリカは才能の宝庫ですね。SBとして申し分ない能力もそうですが、
模範的プロフェッショナルな性格と、齢20歳にして既にポテンシャルを全て発揮している
成長性で、文句の付けようがありません。そのうちどこかのクラブにお買い上げされそうですが。


Juan Manuel Cordero  CA:★3 PA:★3.5


昨季からレギュラーとして定着、非常に頼りになる選手です。Obiとの使いどころは悩みますが、
左右こなせるSBなので左SBとして使っても良いですね。非常に使い勝手が良いところが
お気に入りです。


Krisztián Tamás  CA:★2.5 PA:★4


今季ミランから\70Mで獲得したハンガリー期待の左SBです。大陸大会の常連となったため、
即戦力と国内育成選手の確保も兼ねて獲得を行いました。ポテンシャルを全部引き出すことが
できるかな?今季の左SBは彼を中心に起用していくつもりです。



では次回は攻撃陣の紹介を。



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。