メンフクロウのFootball Manager日記 TOP  >  スポンサー広告 >  Videoton 2018-19シーズン >  2018-19_04. 18-19シーズン戦力紹介 攻撃陣編
ブログの紹介
このブログは、Football Manager 2015の監督日記ブログです。
メンフクロウ監督が人間界で活躍する姿をお楽しみください。


■ハンガリー Videoton編 目標:マジックマジャール復活!(CL制覇、W杯制覇、リーグランク1位)
はじめに | ハンガリーサッカー紹介 | ゲームセットアップ
2014-15シーズン | リーグ戦:優勝! カップ戦:準優勝 Lカップ戦:2nd-R敗退
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 | その12 |
  その13 | その14 | その15 |
2015-16シーズン | CL:3rd-R敗退 EL:プレイオフ敗退 リーグ戦:2位 カップ戦:準優勝 Lカップ戦:準決勝敗退
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 |
2016-17シーズン | EL:GL敗退 リーグ戦:優勝! カップ戦:優勝! Lカップ戦:優勝!
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 | その12 | その13 |
2017-18シーズン | CL:プレイオフ敗退 EL:KR2回戦敗退 リーグ戦:優勝! カップ戦:優勝! Lカップ戦:優勝!
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | その8 | その9 | その10 | その11 |
2018-19シーズン |
  その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 |
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018-19_04. 18-19シーズン戦力紹介 攻撃陣編


それではMFより前の攻撃的な選手の紹介です。


◆MF

Dániel Tőzsér  CA:★3 PA:★3


今季の我がチームのキャプテンです。段々とフィジカル面の衰えは隠せなくなってきましたが、
メンタル面が円熟味を増しており、まだまだ活躍が期待できそうです。とはいえ、今季はYagoの
成長を見守ってもらう立場を考えておりますが。


László Zsidai  CA:★2 PA:★2


中盤の控えの層が薄かったので、急遽フリーで獲得したベテランMFです。スキル・フィジカルは
かなり不安がありますが、メンタルが高く、90分通さずに使えば活躍できそうな気がしています。


Yago  CA:★3 PA:★4


昨季から加入しているブラジル人プレイメーカーです。順調かつ着実に成長を重ねていて、
今季はさらなる成長の期待を込めてレギュラーとして活躍してもらおうかと思います。
その両利きの足から繰り出されるパスは、かなり相手を窮地に落としています。
ちなみに次世代のジーニョと呼ばれているようで。


Jack Colback  CA:★4 PA:★4


2年レンタルの2年目に突入した中盤のレギュラー選手です。点も取るしアシストも出来るし
加入当初からかなりの大活躍。今年もその調子を期待したいところです。なんだったら
ハンガリーに家を買ってもええんやで?


András Kuttor  CA:★3 PA:★3.5~4.5


19歳にしてクラブ・代表のレギュラーで活躍する期待の若手MFです。まだまだ成長を続けていますが、
そろそろポテンシャルに達しそうな感じはしています。そろそろ「ビッククラブガー」とか言い出しそうで
怖いですが、貴重なクラブ内育成枠を担う一人なので、余程のことが無いと放出しないつもりです。


Leigh Holt  CA:★4 PA:★4


ニューカッスルから無償レンタル中の若手イングランド人ウイングです。
スキル・スピード・フィジカル・メンタルのバランスが非常に取れていて、スタッツを見てもらえると
分かるとおり既に9試合9ゴールの大活躍。こんな選手がタダで2年レンタルできるんですから、
親クラブ様々でございます。


Bira  CA:★2.5 PA:★4~5


今季から加入した若手ブラジル人選手ですが、実は契約自体は彼が16歳の頃からしており、
18歳になってようやく今年加入したということになります。要は唾をつけていたということですね。
CMFとFWをこなすというちょっと変わったポジション適正ですが、逆にウチのチームだと
使いやすいですね。今でも良い能力ですけど、まだまだ成長しそうなので、しっかりと育てて
いきたいと思います。


Ádám Gyurcsó  CA:★2 PA:★2


就任当初は貴重な右ウイングだった彼も、最近のクラブのレベルからするとちょっと物足りなくなってきた感が
否めません。試合見るとドリブル中に簡単に相手にボールを奪われたり、オフサイドトラップに引っかかりまくったり
するなど、対戦相手のレベルアップに付いていけてない気がしますね。でも貴重な国内育成選手なので、
手放すつもりはありませんが、使いどころは考えないといけないです。


Ruben Lameiras  CA:★2 PA:★3


加入自体は一昨年からしていましたが、左ウイングの控えとして今季から活躍してもらおうかと
思っている元トッテナムの選手です。ただ怪我しやすく、あまり稼働率がよくなさそうなのがネックですね。
大事に使っていかないと。


Aleksandar Cavric  CA:★2.5 PA:★4


ベルギーのGenkで冷遇されていたところを、今年\20Mで獲得したセルビア人ウイングです。
Phala を放出したのでその後釜として右ウイングのレギュラーを任せたいと思っています。
彼も加入当初からかなりの大活躍。成長についても今年くらいが勝負だと思いますので、
ガンガン使っていきます。


Joshua Yusuf  CA:★4 PA:★4~5


ナイジェリア4羽ガラスの最後の一人です。メンタル以外は申し分ない能力を持っており、
試合では強引なプレーで相手DFを切り崩すプレーをよく見せてくれています。
ただメンタル面がそれほどでもないためか安定性はあまりないのが惜しいですかね。
そのうちビッグクラブに引き抜かれていきそうな予感がプンプンしていますが、
それまではウチで頑張ってもらおうと思います。


Róbert Feczesin  CA:★2.5 PA:★2.5


彼自身、FWとしては申し分ない成績を残しているのですが、Karamanos や Yusuf という
さらにインパクトがある選手が居るためか、あまり目立っていないのが可哀想な感じです。
年齢も32とそろそろ衰えが隠せなくなってきていますし、彼の後釜を探さないとならない
時期に来ていると思っています。彼も国内育成枠を担っているので、ハンガリー人で
探さないといけないですね。



そんな感じで最近ハンガリー人選手が少なくなってきたので、国力強化のために、もう少し国内選手の
起用も考えたいところです。



今回はここまで。



90歳の昔話ではない。 古今東西サッカークロニクル90歳の昔話ではない。 古今東西サッカークロニクル
(2014/09/04)
賀川浩

商品詳細を見る


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/20 23:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。